「ともに生きている」を支えるラヴィングタッチケア



乳幼児のためのラヴィングタッチケア指導者講座の追加の修了認定試験を行いました♪ 何ヶ月もかけて学んできた乳幼児のこころとからだの成長と、タッチケア理論、100近い手技などを統合しての1時間のデモセッション。 優しく、豊かで、ラヴィングな教室デモになりました。

ただその場にいるだけで、こころもからだも「よく頑張りましたね」と包み込んでもらっているかのような空間でした。言葉の一つ一つ、まなざしの向け方、相手のペースを尊重する関わりのお手本のような在り方。

テキストを細部まで読み込み、何度も何度も練習し、台本を作り、お母さんたちにわかりやすい教材をてづくりされていました。可愛くてあったかくて、「一緒に生きている」喜びが伝わりました✨

この指導者講座は少人数で、じっくりとともに成長していく仲間に出会い、育みあう場でもあります。


それぞれの野望を胸に秘め、絶対に諦めることなく、試行錯誤と落ち込みと悔し涙を明日への力に変えて、柔らかに微笑んで進んでいくのです^ ^

#タッチケア赤ちゃんこども被災地支援 #ラヴィングタッチケア赤ちゃんへのタッチケア

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ