乳幼児のためのラヴィングタッチケアR︎指導者講座、終了しました♪


愛を込めてふれる、触れられるラヴィングタッチケア。

乳幼児のためのタッチケアをお伝えする

4日間の指導者講座が終了しました!

第1期の8名は、すでにタッチケアのスペシャリストとして活動されている大尊敬する方や

保健師、助産師、NICU看護師や病棟保育士、発達支援者や

エステ界のカリスマや人のからだにふれる専門の方々ばかり。

伝説の第1期になりそうです^ ^

毎回朝から夜まで、休憩もそこそこに、

タッチケアに関する理論と実技とレポート、

宿題など、かなりハードで濃厚な講座だったからか、

みんなの結束もモチベーションも高く、どの学びの場面でも、

空間にはラヴィングな粒子が漂い、

最終日は新しいスタートを祝い合っているかのような

最高の笑顔での清々しいクロージングでした✨✨


人が人であるとはどんな意味を持つのか。

自分の子育てや、子ども時代の振り返りにもなり、

「ふれる」をキーワードにして、

からだとこころという宇宙の探求を行なってきたようです。

重ねてきた深いディスカッションを、これからも続けていきたいです。

まだ実技試験のための練習会や試験、

最終課題などもあるので、これからが本番のような気持ちです^ ^

みなさま、本当にお疲れ様でした✨




#赤ちゃんタッチケアラヴィングタッチケア指導者講座

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ