つむぎの森®とLoving Touchcare®が商標登録認定になりました!


いつもつむぎの森を暖かく見守ってくださるみなさま。

図らずも、111の数字的にも佳き日に、 出願していた商標の認定が受理されました!

一年近く、

なんどもなんども差し戻しされた文言を修正した甲斐がありました♪

これでまた、活動の幅も広がりそうです(^-^)

ひとつは「つむぎの森®」。 2004年にケアルームを立ち上げた時に創った言葉。

当時はどこを探してもなかったので、 安心して屋号にしたのです。 こころとからだをつむぎ、人と人が笑い合う森になるようにと、 たっぷりの想いを込めて。

ところが父から 「つむぎの森、あっちもこっちもようさんできて、ひろこのブログにたどり着けないよ」の 言葉で検索すると、たっくさんあるではないですか!

ということで、わたしが安心して屋号を使うために出願。

もうひとつは「Loving Touchcare®」

こちらも2008年にアメリカマイアミでの Touch Research Instituteでのティファニー・フィールド博士の 研修で出会った言葉

「Loving touch can not only save the world from disease but also from future war」

「ラヴィングタッチ(愛のあるタッチ)は、病から世界を救うだけでなく、戦争のない未来を作る・・。」

にいたく感動してラヴィングタッチケアと名付けたのです♪ どちらも受理されて、ほっとしています。

お世話になりましたみなさま、本当にありがとうございました✨✨

これからも、誠実に、丁寧にこころとからだを紡ぎ合わせ、

笑顔の森を大きく、豊かに広げてまいります。

これからも応援をどうぞよろしくお願いします! オリジナルだって認められたようで嬉しいです(^^)


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ