あそび方研究会での、「医療ケアが必要なこどものためのタッチケアとアロマケア」講座を行いました!



今日は病気や障がいを持つこども・きょうだいとのあそびのために こどもに関わるかたが学び合うあそびかた研究会で、 「医療ケアが必要なこどものた

めのタッチケアとアロマケア」について 講師を務めてまいりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

研究会始まって以来の、 最多の事前お申し込みをいただきました〜!と 世話人のかたが驚いておられましたが、 一番驚いたのはわたしです!

連休の谷間なので少人数でのんびり…と思っていたので、 印刷してきた資料もシールも足りなかったのですが、 みなさまのご協力でなんとか調達できました♪

1時間半のなかで、タッチのよさ、 病棟の中でのタッチケアやアロマケアについて、 ラヴィングにふれること、ペアワーク、アロマシール作成と、 いつものごとく盛りだくさんにしてしまいましたが、 ご参加くださったみなさんが、男性も女性も、 本当に嬉しそうで、楽しそうで、 初対面同士であふれる愛を感じあっておられたので、 盛りだくさんで良かったのです!

40人近くで一斉に行う「らららぞうきん」は楽しすぎて、 みんなで拍手喝采でした〜♪

ご参加くださったみなさま、 お声をかけてくださった岡崎医師、 あそびかた研究会の世話人のみなさま、 ホスピタルプレイスペシャリストの山地さん、 本当にありがとうございました😊

終了後、いろんな大学の小児に関わる研究をなさっている先生方から たくさんお声をかけていただきました! また何か新しいプロジェクトにつながりそうです♪ いえ、ぜひぜひつながりたい‼︎

医療ケアが必要なこどもたちへのタッチケアの可能性、 まだまだ広がりますo(^-^)o

#小児がんラヴィングタッチケア #医療的ケアあそびかたタッチケアアロマケアきょうだいじ

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ