便秘もすっきり!発達を助けるラヴィングベビータッチ教室開催しました♪


んにちは!はやしです。 大阪京橋でラヴィングベビータッチ教室を開催しました♪ わたしのケアルームでは 毎月第1・3火曜日の午前中に開催しています。 この日は3組のママとベビーがお越しくださいました。 身軽なTちゃんは、寝返りもお座りも早く、 ハイハイをしっかりさせてあげたいお母さんと一緒に、 ハイハイ遊びをおうちでたっぷりしてきてくれました。 ハイハイからお座りの動きがスムーズだなあ、と見ていると、 なんと「初・ひとりでタッチ!」。 思わずみんなで、「良かったね~」と大合唱してしまい 少しびっくりした表情でした(*^^*) でも自信のあるにっとした笑顔が可愛い♪ 5回目の参加になるSくんは、マイペース。 ずっとニコニコとご機嫌でからだでリズムをとり、歌を歌い、 からだを楽器のようにパチパチとならして 音の出る喜びを味わっていて、楽しさ全開です♪ 今日は自分の足に気がつき、なめ始めました。 からだの探求はボディイメージを高め、 発達や発育を自然に促してくれるのです(^^♪ 4ヶ月のAくんは最年少と思えない貫禄と落ち着きで、 ママの優しいタッチにうっとり。 お歌が好きで、ふんふんと鼻歌を歌ってくれています。 便秘気味のAくんですが、「お舟をこいで」の体操をすると、 ガスがどんどん出てきて笑顔になりました! 自宅に帰ると、大量のスッキリタイムだったそうです。 この日はハーブティを飲みながら、 卒乳のこと、歩行器のこと、あせものケア、 夏の冷房、発達のこと、パパとするからだ遊び、 楽な抱っこのしかた、ボディイメージの形成まで、 たくさんの質問とシェアが飛び交う充実したレッスンになりました(*^^*) みんな本当に可愛いすぎ♪ お母さんの優しいタッチをからだいっぱいで楽しんですくすく成長してね! .


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ