皮神経からラヴィングタッチケア を考える

東京での神経修行は全て終了!

今日はカナダの女性理学療法士が生み出した

DermoNeuro Modulationの最新の疼痛科学と神経科学を学ぶクラス。

この二日で、一体何回「神経」とノートに書いたのか、数えてみたくなりました。

「神」の「経みち」と訳した前野良沢・杉田玄白らの洞察力に首を垂れるのみです。

これまで、さまざまな徒手療法を学んできました。

わたし自身が、感覚過敏があり、

HSPであり、慢性疼痛に悩み床に伏せる時間が長く、体力も筋力もありません。

マッサージなどを受けても、

強い刺激に倒れてしまったり、

吐いたり、何日も痛んでしまったり。

なにより、無表情な人が怖かったのです。

凍りつき、身体が緊張で動けなくなるのです。

そこで、わたしのような人にも安心して受けていただけ

心からリラックスしていただけるように、

触れ方、表情、声、手技を工夫してきました。

人のからだの筋肉や関節や骨は個人差があってもアプローチに大きな違いはありません。

その一つの提案が、

ラヴィングタッチケア R︎になるのですが、

優しく、ゆっくり、丁寧に、弱刺激で触れるだけで、なぜこんなにもからだと心が緩んでいくのか。

なぜ生きる力になり得るのか。

優しく触れた時に、

私たちの内側で何が起こっているのか。

「まなざし」で触れ、「声」で触れ、「思い」で触れることが

魔法やマジックではないと言い切れる理由。

核心に近づいています。

今日の講義の岩吉先生の「カインドネス」な在り方からも多くを学びました。

素晴らしい笑顔!

まだまだ神経修行は続きます^ ^


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ