大切なパートナー

今日と明日は医療センターでのタッチケア 活動日。


ベッドサイドで、

入院中のお子さんへのご家族からのタッチケア をレッスンしています。


わたしのケアルームには赤ちゃん人形が何人もいます。

あまりにリアル過ぎても、月齢や状態によっては大泣きされてしまいます。


人、の形態がダメなお子さんもいるので、

ふわふわのくまさん人形も選べるようにしています♪


今日は医療センターでは初お目見えになる7人目の赤ちゃん人形を持参しました。


どんな反応かなあ、とそうっと取り出すと最初は、「こわい」と放り投げられました。


が、愛らしいほっぺがよかったのか、

とっても気に入ってもらえて、

何回もぎゅうっとなでなでしてくれました。ほっ^ ^


一回使うごとに綺麗に全身を除菌シートで拭き、活動が終わるとお洋服も洗い、

くまさん人形も洗います。


大事にすると、ますます良いパートナーとしてこどもたちの心を開いてくれるように感じます♪

ある大学の研究で、学生たちに赤ちゃん人形のお世話をさせたら共感力が高まったといいます。


わたしも、この子たちによく話しかけてる〜^ ^

最新記事

すべて表示

自閉症の子どもたちのタッチケア レッスン

‪自閉症の子どもへのタッチケアレッスン。 今年に入って、自閉症の子どもたちへのレッスンが増えています。 今日は中学生の男の子とお母さん。 初回は様子を観察して関係性を作ることを大切にしていますが、 カリンバを弾いたり、レインスティックで遊ぶうちに打ち解けたようで、すんなりとマッサージテーブルにあがり、足や背中を出してくれました。‬ ‪タッチケア は治療を目的にしていません。 学校で、療育で、本当に