入院しているこどもに寄り添うタッチ ケア

今日は市中病院の小児病棟でのタッチケア活動日。

ありがたいことに、たくさんのご希望をいただきます。ご希望くださった全員のベッドサイドを周りたいのですが、外来や検査やリハビリやお風呂やおやつタイムが入り、お母さんの予定やこどものご機嫌などで、どんどん変わる予定に対応しています。

病気や術後の対応、発達、薬剤の影響、心身の状態をアセスメントし、こどもの好奇心や希望をキャッチし、お母さんのお気持ちや家族関係や、その日のお天気や痛みの程度まで考えて、どんなタッチができるかを考えます。

ハイタッチできるときには少し元気になれるタッチを、目を開けることもつらそうな時は、静けさと穏やかさを感じるタッチを、小さなベッドの中で力を持て余している時は歌と一緒に笑い転げるタッチを、発作が連続して腕に力こぶができている時には、声とまなざしと呼吸のタッチを。

たくさん話したいお母さん、誰とも話したくないお母さん、触れた瞬間に涙が出てくるお母さん、いつもニコニコ気丈に振る舞うお母さん。

「病院でこんなふうに触れてもらえるなんて、それだけで癒されます」

そんなお母さんの言葉を、医師や看護師さん、保育士さん、ホスピタルプレイスペシャリストさん、PTさんが「良かったね」と声かけしてくださいます。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしで、声で、手で、心で触れる。あなたへ、わたしへ。

先日のO大学看護学生への「触れるということ」の講義の課題レポートが届きました。 看護を志す若い学生のほぼ誰も知らない、 聞いたこともない「タッチケア」についての90分のオンライン講義。 100近いレポートには、長い自粛生活や新型コロナでの不安や先の見えない心もとなさ、 課題に追われ、物足りなさや孤独を感じていた学生のみなさんが、 「自分自身にふれる」「他者に触れる」感覚に戸惑いつつも、 懸命に感じ