ミトコンドリア病の青年へのタッチケア

今日は健ちゃんが定期メンテナンスにつむぎの森へ。

健ちゃんはケアルームにこられると

真っ先にテラスへ向かわれます。

緑と川と風を感じると、笑顔がこぼれます。

本当に気持ちいい、奇跡の時間♪



難病指定をされているミトコンドリア病の健ちゃんは、

日本でのミトコンドリア病の方の生存記録を毎日更新されています。

人工呼吸器を装着しているので発語はありませんが、

目と目でとても深い気持ちの交流を感じています。



最初にこられた時はまだ21歳。

あどけなさも残っておられたころからもう7年。

お会いするたびに、お身体の状態も良く、

表情も柔らかになっておられます^ ^

側弯があるため側臥位で窮屈に体を丸め、

体温がすぐに33度台になり、

足の皮膚も真っ黒になって、

足部も体幹も緊張でカチコチだったのですが、

今はゆったり背臥位になり首を動かすこともできます。

足のビフォーアフターの写真

(左が3年前、右が今日です)からも、

肌の状態が改善しふくらはぎが太くなっておられることがわかります♪



お母さまが本当に丁寧にケアをされていて、

毎晩お風呂上がりに足や背中へタッチケア をされています。

特別の車椅子でマラソンにでられたり、

日本や海外にも旅に出かけて、

健ちゃんの生活の質を豊かにされています。

またたくさんのサポートしてくださる方のおかげで毎日を楽しみ、

たくましく暮らしておられます。

わたしは健ちゃんに出会って、

仕事の仕方や人との関わり方が根っこから変わりました^ ^ 

大恩人でもあるのです。





今日は健ちゃんの好きな香りで作ったブレンドオイルで背中へのオイルタッチケア 。

力の抜き方が本当に上手になりました!

オラクルカードを選ぶ時は目が輝き、ここ、と指さします。

シンギングボウルの共鳴、

足裏へのリフレクソロジー、

ヘッドマッサージ、お顔のタッチではみるみるうちにフェイスラインがシャープになり、

表情が豊かになり、みんなで歓声をあげました✨




フルコースのメンテナンスの後は手も足も首も胸もゆるゆると広がりました。

健ちゃんがいるところは、

そこがどこであっても「聖なる空間」になり、

言葉を交わさなくても、

健ちゃんの存在自体が私たちに「生きる意味」や「愛」を教えてくださっています✨

ありがとうございます😊

(許可を得て病名やお写真をシェアさせていただいてます)

最新記事

すべて表示

自閉症の子どもたちのタッチケア レッスン

‪自閉症の子どもへのタッチケアレッスン。 今年に入って、自閉症の子どもたちへのレッスンが増えています。 今日は中学生の男の子とお母さん。 初回は様子を観察して関係性を作ることを大切にしていますが、 カリンバを弾いたり、レインスティックで遊ぶうちに打ち解けたようで、すんなりとマッサージテーブルにあがり、足や背中を出してくれました。‬ ‪タッチケア は治療を目的にしていません。 学校で、療育で、本当に

大切なパートナー

今日と明日は医療センターでのタッチケア 活動日。 ベッドサイドで、 入院中のお子さんへのご家族からのタッチケア をレッスンしています。 わたしのケアルームには赤ちゃん人形が何人もいます。 あまりにリアル過ぎても、月齢や状態によっては大泣きされてしまいます。 人、の形態がダメなお子さんもいるので、 ふわふわのくまさん人形も選べるようにしています♪ 今日は医療センターでは初お目見えになる7人目の赤ちゃ